1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 入学案内
  3. 留学生はこちら
  4. 留学生に聞く
  5. 台湾

留学生はこちら
留学生に聞く

グラフィックデザイン科<Graphic Design Course>

YEH FANG I

日本語の勉強歴は?
2年半くらいです。台湾で半年くらい塾に通い、日本語能力試験二級を取った後、日本にきました。その後、日本語学校に1年間通い、東京デザイン専門学校へ入学しました。
Taiwan
  • 葉 芳宜YEH FANG I
  • 台湾出身Taiwan
日本のどんなところが好きですか?
日本の音楽やドラマ、キャラクターなどが小さい頃からずっと好きです。日本に7回ほど旅行したことがあって、旅行中に日本のテレビ広告やポスター、商品パッケージを見て、日本のデザインが本当に創造的で繊細でセンスがいいと思いました。 でも今一番好きなのは天気です。東京は台北より乾燥していて、雨の日も台北より少ないので、本当にいいなと思います。
東京デザイン専門学校を選んだ理由は?
学校を探す時、色々な学校に資料請求をしましたが、東京デザイン専門学校のパンフレットデザインが一番気に入り、興味を持ちました。 また、オープンキャンパスに参加した時は、先生が二年間の授業内容を詳しく説明してくれたのと、実際に学生の作品を見て、楽しそうだと思い東京デザイン専門学校を選びました。
学校の良いと思う制度は?
良いと思う点は「先生が現役のデザイナーだということ」と「企業課題」だと思います。 先生たちの作品も見られますし、業界との繋がりがより深くなれることは本当に良いと思います。企業課題では自分が作ったものを企業の方にプレゼンするので、プレゼンもだんだんうまくなりました。 また、学校は原宿にあり、交通も便利で、新しい刺激やアイディアがたくさん得られると思います。学校の先生はユウモアのある先生が多いので、授業がとても楽しいです。
アルバイトはしていますか?
日本語学校の時から、訪日中国人向けの観光情報を提供すサイトを台湾で使われている漢字に翻訳するアルバイトをしています。中国の流行語はあまり分からなくて、最初は大変だったのですが、このアルバイトをしているうちに、徐々に理解できるようになりました。 イベントや新しい商品情報もわかり、今は本当に楽しんでいます。
日本の生活で困ったことは?
台湾にいる時よく日本のドラマを見ていたので、日本の文化や習慣などは大体分かりますが、日本に来たばかりの頃、日本語がほとんど話せなくて、国民保険、携帯電話の契約、銀行の口座、VISAの延長などの手続きは本当に大変でした。
将来の夢は?
今は学校でパッケージデザインを勉強していますので、学校で学んだ知識を使って、日本でデザイナーとして仕事がしたいです。また、外国人ならではの視点からの発想で企画を提案したいと思います。
ページトップへ