1. トップ
  2. 産学協同プロジェクト
  3. 第3回「デザイン×トラック」で23案採用―グラフィック科ほか

産学協同プロジェクト
実社会に直結した職業指導

第3回「デザイン×トラック」で23案採用―グラフィック科ほか

採用学生 施工(使用)会社
グラフィックデザイン科 1年    伊藤 有加 山岸運送×2
グラフィックデザイン科 1年 宇都 あいり 清水運輸/山岸運輸
グラフィックデザイン科 1年 王 紫珊 山岸運輸
グラフィックデザイン科 1年 鈴木 健斗 岩手物流運輸/横浜環境保全/萬運輸
グラフィックデザイン科 1年 吉村 霞 清水運輸
イラストレーション科 1年 内野 友莉 山岸運送
イラストレーション科 1年 平 健次郎 山岸運送/裕進運輸
イラストレーション科 1年 田川 りえ カッティングアート
インテリアデザイン科 1年 田 美恵
(木へんに久) 
山岸運送
ビジュアルデザイン科 2年 田代 貴大 山岸運送
グラフィックデザイン科 2年 小野 幸裕 山岸運送
グラフィックデザイン科 2年 川野 なおみ 清水運輸/山岸運輸/カッティングアート
グラフィックデザイン科 2年 小森 美佳 裕進運輸
イラストレーション科 2年 謝 孟帆 萬運輸
ビジュアルデザイン科 3年 関 愼太郎 山岸運送




表彰式には、今回のデザインを施された各社の10tトラックが、遠く岩手県や三重県から会場である東京日野自動車の最新工場に集結。
業界誌紙数社取材の中、清水運輸代表取締役はじめ運輸各社の代表、日本最大の大型車両メーカー・東京日野自動車取締役、デザインを塗装する大型プリント技術開発で経済産業省から表彰されたエルエーシーの国内事業部長らにより、表彰式が行われました。
2014年に始まった運送業界の未来を考える会との産学協同プロジェクト「全国を走る大型トラックに施すアートで、日本の道路の風景と業界イメージを刷新」は、清水運輸に3人の学生作品が採用されスタート。昨年は8社による20作品の採用を経て、第3回目の今年は横浜環境保全も加わり23作品が採用されました。

一覧へ戻る

ページトップへ