1. トップ
  2. 産学協同プロジェクト
  3. 八丈島特産「黄八丈サブレ」パッケージデザイン採用―ビジュアルデザイン科

産学協同プロジェクト
実社会に直結した職業指導

八丈島特産「黄八丈サブレ」パッケージデザイン採用―ビジュアルデザイン科

9年前に始まった(公財)東京都島しょ振興公社の依頼プロジェクトは、毎年各島を巡り、2016年は八丈島の特産物「黄八丈サブレ」のパッケージデザインにビジュアルデザイン科2年生(当時)の6名の学生が取り組みました。学生たちは8月に八丈島を訪れ、島の文化や歴史に触れながら生産者との意見交換を行いパッケージザインの制作を行ってきました。この度生産者側の審査と試験販売での一般投票の結果、大城芽生さん、仁科育美さん、平本千夏さん3名のデザインが採用されることとなりました。「黄八丈サブレ」は伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「東京愛ランド」や現地の空港、お土産売場等で販売されています。


今回採用となったの3名の「黄八丈サブレ」パッケージデザイン 生産者の方達の前でプレゼンテーション
黄八丈サブレ、生産工場見学 表彰式、東京島しょ振興公社の担当者と記念撮影

一覧へ戻る

ページトップへ