1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学科案内
  3. クリエイティブアート科
  4. 学びの特徴(何を学ぶ)

学びの特徴(何を学ぶ)

あなたがなりたいアーティストになるために。自分の想いをカタチにするために。その手段を知る。

超少人数授業
アーティストにとって個性は命。育成においては一人ひとりの能力を見極めながら、個性を尊重した指導が大切だと考えています。3年次にはゼミ形式の少人数による充実した個別指導が行われます。また、本科は開設3年目の新設学科。まだまだ認知度が足りないことから、現在学んでいる在校生は少数。通常より密な指導が受けられるのは今だけです。
多種多様な表現の仕方を学ぶ。
16種類以上の表現方法と30種類以上の画材・素材の使用を習得します。約100点の作品制作を通して、自分が想い描くイメージを思い通りに表現できる多様なスキル、あるいは自分に最も適した表現方法を追求します。
アートに対する需要に応える力を育てる。
広告、キャラクター、インテリア、都市計画、社会貢献、各種メディアや用途を想定した作品づくりを行います。企業課題・社会とのコラボ・コンペ出展によるビジネスシーンでのアートワークの実践もその一つ。また、制作活動を通して、社会との接点を意識しながら、アートの社会での役割や可能性を考えていきます。
現代社会に欠かせないデジタル表現を学ぶ。
デジタルも想いをカタチにする表現手段の一つです。また、自分のアート作品を発表することはアーティスト活動の基本。発表にはDM・リーフレットなどの印刷物やWeb(ホームページ)といったさまざまなメディアの活用が必要となり、デジタルスキルを持っていることが大いに役立ちます。デジタルスキルはアーティスト活動を支える重要なものです。

こちらの学科もおすすめ

関連ページはこちら

ページトップへ