1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学科案内
  3. ファッションアクセサリー科
  4. 教員紹介

教員紹介(ファッションアクセサリー科)

ファッションアクセサリー科 科長
戸嶋 一嘉Kazuyoshi Toshimaデザイナー

担当科目
デザイン表現基礎/他
プロフィール
デザイン事務所等を経て、平成元年より本校教員として着任。
東京デザイン専門学校ファッションアクセサリー科について
ファッションアクセサリー科は、「手づくり」作品の製作が多い学科です。「手づくり」には楽しさや喜びがあります。道具や機械で技術力をみがく授業は非常に魅力的で、本学科には専用の実習室が3教室あり、バーナーをはじめ様々な工具や機械が完備されています。
就職指導も細やかに対応し、内定率もほぼ100%。集中力を養い、デザイナー・職人としての「心構え」も探求していきます。
本学科の雰囲気は「家族的」で、学生達は元気で明るい子がとても多いです。
入学を考えている方へのメッセージ
「ものづくりが好き」、「細かな作業が好き」、「道具を使うのも好き」。将来、そのような職業に就きたい人にはぴったりの学科だと思います。基本を大事にし、コミュニケーションの重要性も一緒に研究していきましょう。
ファッションアクセサリー科 古屋 泰史

ファッションアクセサリー科
古屋 泰史Yasushi Furuyaジュエリー職人

担当科目
メタル基礎
プロフィール主な作品・活動・仕事など
オーダージュエリー製作及び原型製作
ファッションアクセサリー科 中山 五月

ファッションアクセサリー科
中山 五月Mei Nakayama作家・デザイナー

担当科目
ジュエリーデザイン(製図)/ジュエリーメイキング/他
プロフィール主な作品・活動・仕事など
東京デザイン専門学校工芸アクセサリー科(現ファッションアクセサリー科)卒業。工房アシスタント などを経て、現在ATELER KARIN主宰。
渋谷ロフトのアクセサリー売り場にて、オリジナルアクセサリーを出展。
東京デザイン専門学校ファッションアクセサリー科について
授業はすべて、初めから終わりまで自らの手を動かして、ものを作り上げていく事がメインになって います。例えば、使う素材が金属なら糸のこを使って切る、やすりで削る、ハンマーで叩いて曲げる、仕上げに磨くなど。すべて手作業なのです。卒業して実際に制作者(クラフトマン)やデザイナーになってからも、自分の手を動かしてものづくりをするわけです。この学科はアットホームな雰囲気なので、疑問に思う事を、普段は直接授業を受けていない先生にも気軽に質問ができます。
入学を考えている方へのメッセージ
本校で過ごす2年間の中で、専門的な知識や技術を身に付けるのは勿論のこと、教員や友人達との普段のやりとりや、様々なイベントを通して、将来社会に出たときに必ず役に立つコミュニケーション能力も自然と身に付いていくと思います。充実した学生生活をおくって欲しいと思います。
ファッションアクセサリー科 小林 京和

ファッションアクセサリー科
小林 京和Keiwa Kobayashi金工作家

小林教員のHPはこちら

担当科目
クラフト制作実習/金工技法
プロフィール主な作品・活動・仕事など
1966 東京都に生まれる
1992 東京芸術大学 大学院 鋳金専攻修了
2004 「2004 日本ジュエリーアート展」佳作賞受賞
「工芸都市高岡2004クラフトコンペ」奨励賞受賞
「第45回 日本クラフト展」佳作賞受賞
2006 「2006 日本ジュエリーアート展」奨励賞受賞
2012 「第28回 淡水翁賞」優秀賞受賞
ステンレスやチタニウムを素材として、ジュエリーやオブジェを制作しています。
東京デザイン専門学校ファッションアクセサリー科について
自分のアイディア、デザインを自分の手でカタチにする事を学びます。素材の知識、技術、造形力を養います。
入学を考えている方へのメッセージ
自分の手で何かを作りたい人はぜひ!お待ちしています。
ファッションアクセサリー科 吉澤 崇幸

ファッションアクセサリー科
吉澤 崇幸Takayuki Yoshizawaジュエリークラフトマン

担当科目
商品アクセサリー
プロフィール主な作品・活動・仕事など
一級貴金属装身具製作技能士
代官山のアトリエにてオーダージュエリーの製造販売
ネットショップにてオリジナルジュエリーの販売

こちらの学科もおすすめ

関連ページはこちら

ページトップへ