東京デザイン専門学校

資料請求

Language

オープンキャンパス
OPEN CAMPUS
目的や好みに応じて選べるイベントメニューをご用意!

COURSE

クリエイティブ業界が求める人材を育成する9つの学科
マンガ科 ストーリーマンガ専攻 授業レポート
「マンガ制作」2年Ⅰ〜Ⅱ期(6コマ×20週)
松原じゅん 木村聡

キャラクターの立て方、ストーリーのつくり方、コマ割り、デッサン、構図、描画技術

等々、1年次よりそれぞれパート毎に分けて勉強してきたことの集大成として24P〜32Pのマンガ作品を完成させることでさらに深く各々技術を磨いていくことを目的とした授業です。

制作期間は夏休み期間をはさんで延べ5ヶ月もの長期に及びます。学生はこの間に苦労して作品を完成させることによって、作画技術だけでなくスケジュール管理の大切さ、方法についても学んでいきます。

制作行程は大きく分けると①プロット(設定、キャラクターデザイン含む)②ネーム(セリフと鉛筆描きの簡単な絵だけで表したマンガの設計図のようなもの)③下描き④ペン入れ⑤仕上げの5行程で、それぞれの段階毎に学生の技術レベルに合わせた個別指導を行います。

マンガの場合、ネームの出来不出来で作品の8割方は決まってしまうといっても過言ではありません。実際の仕事においても、この段階で編集者と細かな打ち合わせを行いながら作品の方向性を決めていきます。従って特に②のネーム指導は大切なポイントです。初めて見る人にも内容がわかるか、キャラクターは動いているか、無駄なセリフやコマはないか、入るべき絵は本当にこの絵なのか… 等、何度もやり直しをします。

そうやってこの時間に完成させた作品を、春と秋の2回実施している出張編集部や、意中の雑誌編集部に直接持ち込んでデビューのきっかけをつくる学生も毎年出ています。



マンガ科

学科長 小林 まどか


マンガ科 ストーリーマンガ専攻 授業レポート1
マンガ科 ストーリーマンガ専攻 授業レポート2

CAMPUS NEWS

充実したリアルな学園生活
MORE
TDA
- School life movie -
学校の様子を動画で知ろう♪
まずはここから!
資料請求・学校見学・オープンキャンパスのお申し込み、入学に関することなど、
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
PAGE TOP