東京デザイン専門学校

資料請求

Language

学校長メッセージ

東京デザイン専門学校学校長 小林 登志子

アートディレクター
プロフィール
1957年生まれ。
多摩美術大学卒業後、デザイン制作会社で広告、編集デザインに携わり、以後フリーランスになる。
1986年東京デザイン専門学校講師に就任。
グラフィックデザイン科学科長、ビジュアルデザイン科学科長を歴任、ビジュアル系統括、副校長を経て2021年東京デザイン専門学校学校長に就任。
メッセージ
「デザイナーに向いていますか、才能ありますか」とよく聞かれます。
「好きなら向いています」と答えています。まだきちんと勉強する前では結果もわからないわけですが、唯一いえるのは「デザインが好きか」ということ。
好きなら、続けていけるし結果にもつながります。特に強く好きだと思えるのなら、それは一種の才能かもしれません。これからの厳しい課題にも、徹夜や就活も乗り越えられるはず。何せ好きなのですから…。そのための努力であれば続けていけるはずです。続けることは実に難しい。それを支えてくれるのが「好き」というパワーなのです。
学校は教室やアトリエといった空間を提供しています。この空間の中でデザインやアートについてより深く、楽しく向き合ってみてください。好きなことに向き合う(=自分と向き合う)貴重な時間の中で、これからの自分の世界や可能性が広がっていくはずです。 熱烈に好きであれば、道は開けます。

学校紹介
まずはここから!
資料請求・学校見学・オープンキャンパスのお申し込み、入学に関することなど、
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
PAGE TOP