先端技術メーカーと教育を結ぶ「産学協同」授業
空間ディスプレイデザイン科
2024-05-14

住友化学グループ 住化アクリル販売株式会社

昨年の「プレゼンテーション技法」授業の最終日では、学生たちがアクリルジュエリーの企画を課題としてプレゼンに取り組んだ。審査員は担当講師と住友化学グループ住化アクリル販売からの4名。

審査基準は、アイディアやデザインの特性、既存製品の転換や新しい分野の開拓、具現化のしやすさに焦点を当てていた。カンペ無しで自己表現をした2名の生徒が高い評価を受けた。

学生の作品にはベテラン技術者から感想が述べられ、優秀者にはfRAum®︎のアクスタが贈られた。

住友化学は世界最高水準の透明度を誇るアクリルを生産し、リサイクル技術にも優れている。今回 の取り組みを通じて、素材や技術を活かしたデザイナーを育成する「産学協同」授業の重要性が示された。

  

  

一覧に戻る