1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学科案内
  3. インテリアデザイン科

インテリアデザイン科

家具・雑貨、ショップから住宅まで明日の夢を語り、学ぶ日々がプロへの道をひらく。

部屋の模様替えの楽しさ、ワクワク感は、誰にも覚えがあるのではないでしょうか。インテリアデザインは、一言でいえば"人を幸せにする"仕事。人々が快適に暮らせる空間をデザインする「ものづくり」は、楽しさとやりがいにあふれています。 そんな夢を胸に、個性的で実践力のあるデザイナーやコーディネーターを目指すのが、インテリアデザイン科です。
インテリアデザインや建築の業界で活躍する講師陣が、基礎スキルはもちろん、ビジネス現場のノウハウを伝授。デジタル/アナログのスキルをバランスよく指導するカリキュラムを通して、幅広い知識と技術が身につきます。基礎を学んだ後の1年3期には、自分の志向や適性を見極めながらインテリアまたは住宅設計の専攻を選択。各専攻では、受験資格認定を受けている2級建築士やインテリアコーディネーターなどの資格取得を目指せます。

専攻
住宅設計専攻
インテリアデザイン・コーディネート専攻

将来の職業

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • 建築士
  • リフォームプランナー
  • 家具デザイナー
  • 照明デザイナー
  • など

作品紹介

more

教員紹介

more

インテリアデザイン科の特徴

1原宿で最新トレンドを体感し、デザインセンスを磨く

流行発信地・原宿には人気の雑貨や家具ショップが数多く立ち並んでいます。この恵まれた環境をリサーチ(研究)やサーベイ(調査)などの授業で最大限活用しています。原宿は街全体が学びの空間。最新のトレンドを体感することが感性豊かな作品づくりにも反映されます。

2資格と就職に強いインテリアデザイン科

2級建築士、インテリアコーディネーター、商業施設士、色彩検定などの資格取得のための各種対策講座が用意されています(一部は希望者対象の有料講座)。認定校となっている2級建築士では2010年から6年連続ストレート(最短)合格、インテリアコーディネーターは1年生が受験年の最年少合格を果たすなど輝かしい成果をあげています。  ほぼ全員が専門職として毎年関連分野に就職していることも本科の強みです。

3希望の専攻で実践力を身につける

1年3期からは希望に応じてインテリアと住宅設計の2つの専攻に分かれて学びます。いずれの専攻も、ショップや照明など実際のデザインを行う企業課題や商業施設の学生コンペなどの実践的な課題に取り組み、大きな成果をあげています。

インテリアデザイン科の時間割例

※1年次2期

  1
9:00~10:30
2
10:40~12:10
3
13:10~14:40
4
14:50~16:20
課外
16:40~18:10
    製図-1 ※プラス1講座
    キャリア
デザイン-2
生活デザイン
(色彩)
※プラス1講座
CAD-1 デッサン・スケッチー2  
  デザイン演習 ※プラス1講座
構成-2 マテリアル ※プラス1講座
  • ※プラス1講座は学期ごとに最大3講座まで受講可能な、選択式のアドバンスプログラムです。

インテリアデザイン科の「授業レポート」はこちら

入学式・スポーツ大会・卒業制作展などの年間行事の様子はこちら

取得可能資格

インテリアデザイン科の授業や課外授業による対応で、取得可能な資格です。

資格名 受験対策科目・講座
二級建築士(国家資格)
※卒業した年に受験可能
二級建築士総合対策(授業/住宅専攻)
※卒業後有料にて二級建築士対策講座あり
インテリアコーディネーター(公社・インテリア産学協会認定) インテリアコーディネーター対策講座(課外)
※希望者対象の有料講座
商業施設士(公社・商業施設技術団体連合会認定) 商業施設士対策講座(課外)
※希望者対象の有料講座
色彩能力検定(文部科学省後援) 色彩検定対策(プラス1講座)
福祉住環境コーディネーター(東京商工会議所認定) 環境デザイン(授業)
  • じっくり考えるなら、まずは資料請求

こちらの学科もおすすめ

関連ページはこちら

ページトップへ