東京デザイン専門学校

資料請求

Language

オープンキャンパス
OPEN CAMPUS
目的や好みに応じて選べるイベントメニューをご用意!

COURSE

クリエイティブ業界が求める人材を育成する9つの学科
アニメーション科 2年授業レポート
「キャラクターデッサン2」 2年次 1期(2コマ×10週)
伊藤 美樹

就活が始まる2年Ⅰ期に、アニメーターに必要な描画力を高め、ものを見る目を鍛えることを目的としながら、ポートフォリオに入れる作品の制作に取り組む授業です。



クロッキーに重点を置いた授業を全10回に渡って行います。前半5回は、まずクロッキーを行い、同じポーズでオリジナルキャラクターのイラストを描き起こします。正座や胡坐のポーズから、銃を持つポーズ、剣を構えるポーズ等様々なバリエーションのクロッキーを行います。学生同士で意見を出し合いポーズを決めることもあります。後半5回は、クロッキーに頭身の違うキャラクターを乗せてイラストにしたり、正座から立ち上がるまでの一連の動きをクロッキーした後に原画に仕上げたり、より実践的な課題を行います。目の前にいるモデルをよく見て描き、今まで自分で「こうだろう」と思っていたことをもう一度捉え直すことにより、描画力やものを見る目が鍛えられます。



毎回の課題の作業手順としては、①授業の前半は学生が交代でモデルになり、1ポーズ7~10分でクロッキーを行う。②後半はたくさん描いたクロッキーの中からポーズを一つ選び、イラストに描き起こす。③ラフを講師にチェックしてもらい、クリンナップして完成となります。実際にモデルを見て描いたクロッキーを基に、もう一度ポーズを確認しながらイラストに描き起こすことで、アニメーターに必要な、対象を正確に早く描く力が鍛えられます。毎週繰り返し描くことで、クロッキーのスピード、対象を捉える力が、徐々についてきていることを日々実感しています。


アニメーション科 2年授業レポート1
アニメーション科 2年授業レポート2
アニメーション科 2年授業レポート3

CAMPUS NEWS

充実したリアルな学園生活
MORE
TDA
- School life movie -
学校の様子を動画で知ろう♪
まずはここから!
資料請求・学校見学・オープンキャンパスのお申し込み、入学に関することなど、
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
PAGE TOP