東京デザイン専門学校

資料請求

Language

オープンキャンパス
OPEN CAMPUS
目的や好みに応じて選べるイベントメニューをご用意!

COURSE

クリエイティブ業界が求める人材を育成する9つの学科
空間ディスプレイデザイン科 2年授業レポート
「ディスプレイ演習2」 2年次Ⅱ期
担当講師:奥山佳雄/島忠徳/垂水茂喜/持木慎子

空間ディスプレイデザイン科は実践的な授業で専門性を高めます。その中の1つが「グループ制作」です。ディスプレイ業界では1人で行う仕事は少なく、多くの人(役割)が携わって仕事が成り立っています。1人1人が仕上がりを想像して1つの目標に向かって進めて行きます。デザイン、スケジュール、予算の管理など仕事を進めるうちに変更点や問題点が出る場合もあり、それら1つ1つをグループ内で共有して、報告・連絡・相談を通じてコミュニケーション能力を培います。

2年生の「ディスプレイ演習2」の授業では、実践教育を目標にして原宿祭のイベント装飾・学科の展示・ウインドウの制作を行います。

1グループ6〜8名程度で、チームリーダー・サブリーダー・スケジュール管理係・予算係・資材管理係・記録係など役割を決めます。デザインも予算の使い方も学生自身で考えます。原宿祭の実行委員会と打ち合わせを行い、資料(コンセプト・展開図・イメージパースなど)を作成し、最終的には学校長へのプレゼンテーションを行います。この授業では自分達が作りたいものを作るのではなく、クライアントの意図を考えて求められるものをより魅力的にして空間を彩ることを目標にします。時には自分の身長より大きな造作物をノコギリやカナヅチやペンキを用いて制作します。自分たちが提案したデザインを自分たちで作り上げる喜びを実感できる授業になっています。

作ったものを見ながら、照明を施したり、音をつけたり、映像を流したりすることが出来るのがこの授業の良いところです。他の授業では学ぶことが出来ない臨場感を体験出来ます。自分たちが作り上げた空間を来場者が驚いたり、喜んだりと直接実感出来る授業が「ディスプレイ演習2」の特徴です。


空間ディスプレイデザイン科 2年授業レポート1
空間ディスプレイデザイン科 2年授業レポート2
空間ディスプレイデザイン科 2年授業レポート3

CAMPUS NEWS

充実したリアルな学園生活
MORE
TDA
- School life movie -
学校の様子を動画で知ろう♪
まずはここから!
資料請求・学校見学・オープンキャンパスのお申し込み、入学に関することなど、
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
PAGE TOP