東京デザイン専門学校

資料請求

Language

オープンキャンパス
OPEN CAMPUS
目的や好みに応じて選べるイベントメニューをご用意!

COURSE

クリエイティブ業界が求める人材を育成する9つの学科
クリエイティブアート科 授業レポート
「立体造形Ⅰ」 1年次Ⅱ期(3コマ×10週)
担当講師:山崎りょう

クリエイティブアート科は、絵画、立体造形、デジタルワーク、デザインといった美術全般を幅広く学びながら、3年間で各自の特性を見出していくことを目標としています。

その中で、今回は「立体造形」の授業を紹介したいと思います。この科目は、2年次まで継続して行われますが、1年次では、主に水粘土を使用した彫塑(粘土を使った彫刻)を学び、彫刻や工芸といった立体表現の基礎を身につけます。

Ⅰ期は、まず粘土を練ることから始まります。子供のころの泥遊びを思い出す学生もいるかもしれません。その後「手」、「靴」、「はく製」などをモチーフとして、対象の構造や動きを多方向からの観察しながら写実的な立体表現を目指します。Ⅱ期では、「動物をテーマとした立体キャラクター」、「石膏像の模刻」、「自刻像(自分の頭部)」と進み、石膏による型取りも学びます。

立体造形は、絵画やデザインと違い肉体をフルに使った作業が多くなります。つなぎ(作業着)を粘土や石膏まみれにしながら、無心で制作に没頭するなかで素材の質感や重みを肌で感じ、創造力、造形力をより豊かに養ってほしいと思います。

2年次では木や金属、皮革など素材の幅を広げ、様々な技術を身につけながら、さらに表現の可能性を探っていきます。


クリエイティブアート科 授業レポート1
クリエイティブアート科 授業レポート2
クリエイティブアート科 授業レポート3

CAMPUS NEWS

充実したリアルな学園生活
MORE
TDA
- School life movie -
学校の様子を動画で知ろう♪
まずはここから!
資料請求・学校見学・オープンキャンパスのお申し込み、入学に関することなど、
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
PAGE TOP