1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学科案内
  3. イラストレーション科

イラストレーション科

描いて、描いて、描いた努力は裏切らない。描写力とデザイン力で、就職力も。

多くの卒業生をデザイン・イラスト業界の第一線に送り出しているのがこの学科。
デッサンとリアルイラストを通じて描写力を徹底して身につけ、描くことの基礎をじっくり固めます。キャラクターデザイン専攻では、商品化を前提としたデザイン課題への取り組みや各種コンペティションへの出品をとおして実務能力を高めます。絵本専攻では、おはなし挿絵、編集デザイン、製本。そして、スマホ、タブレットに対応した制作。作家性と職能を育成します。皆が課題を通して、イラストレーターの仕事、デザイナーの仕事を体験し、ゲームから雑貨まで幅のあるデザイン分野への就職にも対応。将来は、フリーイラストレーターとして活躍も可能です。

専攻
リアルイラスト専攻
キャラクターデザイン専攻
絵本専攻

将来の職業

  • イラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • 絵本作家
  • アーティスト
  • グラフィックデザイナー
  • 広告デザイナー
  • グッズデザイナー
  • など

作品紹介

more

教員紹介

more

イラストレーション科の特徴

1本校独自のカリキュラムで初心者でも
確かな描写力をその手に

イラストやデザインの初心者でもゼロからスタートして確実にステップアップできる、基本を重視した本校独自のカリキュラムです。1年次では基礎的な描写力を養うために「デッサン」の時間を多く用意しました。さらに写実的に表現する「リアルイラスト」では、さまざまな画材を駆使しながら描写力を高めていきます。一流の講師陣の確かな指導力と実践的な授業で、プロレベルの技術を身につけていきましょう。

2個性を尊重した個人対応が
多彩なイラスト表現を生む

主として1年度の授業では、様々な画材や多彩な表現方法を学びながら、徐々に自分オリジナリティを確立していきます。
2年次ではリアルイラスト、キャラクター、絵本の3つの専攻ごとの演習課題を中心に、手描きとデジタル両面で個性的な表現を追求します。

3幅のある就職を可能にする
「未来計画ワーク」はじまる

クリエイティブな志望企業に自分の個性や強みを最適化するための授業「未来計画ワーク」がはじまります。この授業は自分で企画し、取材・調査、制作し、教員が個別にサポートすることが特徴です。制作された成果は、志望企業に提出するポートフォリオに直接反映され、他授業で培った基礎力、媒体を理解したデザイン力と共に内定へと繋げます。主体的に「未来」を描き、社会へと歩んでいきましょう

イラストレーション科の時間割例

※1年次2期

  1
9:00~10:30
2
10:40~12:10
3
13:10~14:40
4
14:50~16:20
課外
16:40~18:10
    デッサン-1 ※プラス1講座
イラストベーシック-2 デジタルワーク ※プラス1講座
発想演習-2    
イラストベーシック-2 デザイン演習 ※プラス1講座
デッサン-1 キャリアデザイン-2   ※プラス1講座
  • ※プラス1講座は学期ごとに最大3講座まで受講可能な、選択式のアドバンスプログラムです。

イラストレーション科の「授業レポート」はこちら

スポーツ大会・学園祭・卒業制作展など充実の年間行事・イベントの様子はこちら

取得可能資格

イラストレーション科の授業や課外授業による対応で、取得可能な資格です。

資格名 受験対策科目・講座
色彩能力検定(文部科学省後援) 色彩検定対策(プラス1講座)
DTP検定ディレクション(株式会社ボーンデジタル) DTP検定対策(プラス1講座)
  • じっくり考えるなら、まずは資料請求

こちらの学科もおすすめ

関連ページはこちら

ページトップへ