1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学園生活
  3. 授業レポート
  4. 空間ディスプレイデザイン科

授業レポート
空間ディスプレイデザイン科

ディスプレイ実務演習Ⅰ 1年Ⅱ期第2週~

この科目では原宿にあるお店のクリスマスウインドウディスプレイの企画・デザインをする事により、空間における演出について学びます。
10週間で課題を2つおこないます。

  • 課題1/白色と他に2色の紙のみでクリスマスを表現
  • 課題2/課題1で制作したウインドウをより演出的な自由な発想で表現

頭(思考)と手(製作)でデザインする事を知り、個性的なデザイン・発想豊かなデザインを考える力を養います。

第2週

第1週目にウインドウ(270㎜×270㎜×70㎜)の形を発泡スチロールで製作し、第2週目ではイメージを言葉とスケッチに表し、コピー用紙を使って各々が手でイメージの形を探求しています。今までイメージを形にする事が無かった(特に立体では)学生たちには、始めに何をすれば良いかが分らず大変そうでしたね。折り紙をしてみたり・はさみでツリーの形に切ってみたり。色々な作業をしていくうちに、様々な発見や見え方の違いに気付き、作業に熱中していきます。もっと悩んで、もっと考えてみましょう。そこに個性が生まれますよ。

第3週

第2週目に作った形を、具体的にウインドウのサイズに合わせて作ってみます。ウインドウの空間へ入れてみると、案外良かったり、逆に形が悪くなったり様々な事が生じます。皆も四苦八苦していますね。この見え方の違いこそがウインドウディスプレイの難しいところでもあり、面白いところでもありますので頑張ってベストな形と色を探してみましょう。

第5週

今日はいよいよ課題Ⅰの提出日です。皆の焦り具合が良くわかります。
コツコツまじめにする学生も、大胆に空間を演出する学生も様々います。良い作品を作るのではなく様々な事を知るチャレンジ的 な課題取り組みをしてもらえると、多くの事が学べますよ。課題提出後、1対1での反省会、「もう少しこうすれば良かった・ここはとても素敵ですね」などなど講評会をします。皆「もう 少し時間があれば・・・」と言いますが、締め切りについては約束ですからだめですよ。課題1で達成できなかった点は、課題2で頑張ってみましょう。

第6週

さて、無事第1課題が終了しました。皆さんご苦労様でした。いよいよ後半、第2課題スタートです。第2課題は素材も発想も自由、案外自由に作ってくださいというと学生は困ってしまうようです。自由に作るという事は、デザインの意図がしっかりしていないとできないものです。この第2課題は自己の考えや発想の固定化を目指して制作を進めていきます。

第7週

第6週目は学生たちも戸惑ったみたいですが、今週はかなり個性的なデザイン意図がはっきりしてきましたね。勉強もデザインも繰り返し行い、失敗して気付き学ぶ事が多いです。時間がある限り様々な事にチャレンジしましょう。色を変え、形を変える事が何を意味し、どのような意図かを考えるかがデザインです。さーさー皆頑張って悩みましょうね。

第8週

今週は、東京デザイン専門学校も参加しています、「デザイナーズウィーク」の見学です。2年生のディスプレイデザイン科の先輩たちも作品を展示しています。写真は一生懸命後輩に作品説明をしている2年生の先輩です。雨も降って寒くて大変でしょうが頑張ってください。説明凄く上手かったですね。1年生の皆も様々な学校の作品や、プロの作品が見る事ができて刺激になったみたいですね。その感じ取ったものを授業に活かしてくださいね。

第9週

いよいよ今週で制作は終了です。時間が短かったですが皆さんそれぞれ作品がまとまってきたみたいですね。ウインドウディスプレイは、最後の最後、形や色をちょっとだけ変える事で見る人に与えるイメージが大きく変わります。そのフィニッシュ作業が一番難しくもあり、楽しい作業でもあります。時間がある限り一生懸命作業を楽しんでください。けど、締め切りには間に合うようにね。来週は、それぞれの作品を、皆の前で説明する“プレゼンテーション”を行います。

第10週

本日はいよいよプレゼンテーションです。作品のデザインコンセプトや自分の思いなどを発表する場です。頑張って作った作品です。より良く・分かりやすく意図を伝える事もデザイナーにとって必要なスキルです。最初はいやかもしれませんが、慣れると楽しく感じますよ。作品の方も、本当にそれぞれの個性が出ていて素敵な作品になりましたね。ディスプレイでは空間を演出する事が大切です。特にクリスマスへの思いは様々有ると思います。思いを形にするのがディスプレイの一番の楽しくて、また難しいところです。これからの課題も頑張っていきましょう。

講師プロフィール

奥山 佳雄 Yoshio Okuyama

空間ディスプレイデザイン科 科長
武蔵野美術短期大学デザイン科卒業。2004年ディスプレイデザイン会社"奥山工房"設立
主にウインドウディスプレイのデザイン・製作やクリスマスの演出やツリーのデザインなど空間を演出する仕事に携わる。同年東京デザイン専門学校非常勤講師就任。

担当科目
ウインドウディスプレイ企画・演習Ⅰほか
ページトップへ