1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学園生活
  3. 在校生に聞く
  4. 在校生に質問

在校生に聞く
在校生に質問

入学前に体験入学などに参加しましたか?参加してどうでしたか?
アニメーション科 在校生
高校卒業年次で進路を決める際、以前から興味のあったアニメを扱っている学校をまず見学したいと思い、この学校の体験入学に参加しました。教室で先生方が授業の内容や概要、授業の展開の仕方などを詳しく教えてくれました。その後は、アニメの描き方などを実際にやらせてもらったり、校舎内を見学したりと、体験入学に参加して更にアニメに興味を持つようになりました。学校について知ることができ、よかったと思っています。
この学校に入学を決めた理由を教えてください。
マンガ科 在校生
自分に合った学校に入学しようと決めていたので、雰囲気や設備以外に、先生との相性も見る為に体験入学でやる実習だけでは足りないからと、過去に描いた絵を数点持参して先生に評価してもらっていました。
他の学校にもこの学校にも数回足を運び・・・後はもう、直感です。 結果、自分が学びたいことが存分に出来ているので、ここに入って良かったなと思っています。
初心者でも大丈夫ですか?
ビジュアルデザイン科 在校生
僕自身も入学前はそうでした。この業界で生きていくという強い意思があった訳でもなく、興味がある程度でこの学校に入学したという事もあり、カッターもろくに使った事がなく、授業についていけるのか不安に思うところもありました。
しかし授業が始まってすぐにこの疑問は解決しました。道具の使い方や線の引き方など基礎から教えてもらえたのでとても安心しました。先生方もとてもユーモアがあって打ち解けやすく、分からない所は友達に聞くなどしているうちに仲良くなれた事もよかったです。この学校で学ぶにあたって必要なのは技術よりもやる気だと思います。
課題は大変ですか?どういう所が大変ですか?
ファッションアクセサリー科 在校生
私が勉強する学科では、バーナーや木鎚など家にあまりない道具ばかり使います。そのため、家でやってくるような課題は少ないです。ただ、他の科と違い、課題が学校でしかできないので、学校に早く来たり、授業後も残ったりしないと課題提出に間に合わない時があるので大変だと思います。計画的に作業を進めて、あまり残ったりせず提出できる人もクラスにはいますが、大部分が後で慌てる人ばかりなので、提出期間が近い時期はクラス全体が課題に夢中です。
デザインの勉強をしていて嬉しいこと、楽しいことは何ですか?
ディスプレイデザイン科(空間ディスプレイデザイン科) 在校生
まず嬉しいことは、自分の中で新しいデザインが生まれた時です。どうしても納得できるものが出来なくて悩んでいる時に、「これ良い!」と思えるものが、「ポンッ」と出てくる瞬間があって、その時はすごく嬉しいです。そして、楽しいことは、見る物の見え方が変わってくることです。私は一人で街を散歩するのが割と好きなのですが、例えば造形物があったとして、「これはこういうことを考えて造られたのかな?」とか、デザインを学ぶ前は考えもしなかったことを考えるようになりました。そういう物の新しい見え方を見つけた時はとても楽しいです。
好きな授業・楽しい授業は何ですか?
マンガ科 在校生
好きな授業は、マンガ科のメインとも言える「マンガ制作」です。授業には他に技術を学ぶ「スキル」や、ストーリーを考える「シナリオ制作」などがあるのですが、それらの授業で身についた能力や知識を活かすのが、このマンガ制作です。私の場合、簡単にストーリーがポンポン浮かんでくるわけではないので、先生や友達に相談して、ああでもない、こうでもないと頭を抱えることが多々あります。なかなかストーリーが浮かばなかったり、絵が思い通りに描けないと本当に辛いし、投げ出したくもなります。でも楽しいことだけじゃないこの授業が私は凄く好きです。思い通りにいかないからこそ、「やってやる!」という気持ちになります。このマンガ制作の授業は画力だけでなく、精神も鍛えられると思います。漫画が完成すると、辛かったことも全部楽しかったと感じられるのです。
好きな授業・楽しい授業は何ですか?
インテリアデザイン科 在校生
インテリアデザイン科は2年生になると専攻ごとに分かれますが、私は空間をコーディネートする専攻で勉強しています。主に建物の形と部屋の中の家具をデザインしますが、作品を作るとき一番大変なことは図面や模型を作ることではなく、発想とその建物にどんな人が住み、どんな風に生活するのかといった物語を想像することです。これがうまく練れてコンセプトがまとまると、あとは1年生のときに覚えた製図や模型の技術を使って作品をつくります。どんな科でも、一番必要なのは技術よりもやる気と発想です。
課題の量や内容を教えて下さい。
マンガ科 在校生
1年次にはマンガテクニックやキャラクターなどの授業で課題が出ます。テクニックではパースの練習(建物や植物を描く)、キャラクターでは出されたテーマに合わせたキャラクターやイラストを描きます。
ストーリーの授業でやるネーム(漫画作画に入る前の下書き)は、基本的に授業内で終わるのですが、間に合わずに家に持って帰って仕上げる人も多いです。マンガ制作の授業で8ページや16ページのものを描くとなると、授業はもちろん家に帰っても、私はそのことばかりやっています・・・。しんどいですが、完成した時には感動です。基本的には課題は授業中にしっかりやっていれば、「提出に間に合わない!」というものはないと思います。
クラスの人は、最初から絵を描くのが上手な人ばかりなのでしょうか?
イラストレーション科 在校生
私自身、特に絵が得意という訳ではなく、高校の時には私よりも上手な人はたくさんいました。特別に絵を勉強した経験もないので、入学前は何も知りませんでした。だけど、この学校に入学すると、基本的に皆初心者で、授業も絵の具の使い方から始まり、先生方もどんな小さな質問でも丁寧に答えてくださるので、大丈夫でした。まだまだこれからですが、毎日基礎から頑張っていると、少しは上達したかな?、と思える時が来るので、地道に一つ一つ頑張って良かったと思っています。
入学前に不安に思っていたことはありますか?その不安は今はどうですか?
グラフィックデザイン科 在校生
入学前に不安に思っていた事はもちろんあります。主に不安だったのは、自分の美術的な素養と年齢についてです。入学前の僕には、全くと言っていいほどデザインに関する知識や技術がありませんでした。強い興味と気持ちを持って入学を決めたものの、自分が挑戦して良いものなのかと不安に思っていたことを覚えています。
そういった事もあり、基礎に重点を置いているこの学校を選びました。いざ入学してみると、あっという間に不安はなくなっていったように思います。授業は楽しく、少しずつですが技術も身につき、自分の表現の幅も広がっていくので、充実した生活を送れていると感じています。年齢に関しては、もっと不安がる必要がなかったと思います。歳は違っていても同じクラスメイトとして気を使わずに楽しく過ごしています。様々な人と関わっているというだけで、色々な発見があるし、それも良い経験になると思います。
入学前にやっておけば良かったと思うことはありますか?
ビジュアルデザイン科 在校生
デザイン的な面だと、もっとデザインや絵画に関わっておけば良かったと思います。1枚でも多くの絵を見て、1枚でも多くの絵を描いておけば良かったと思います。この学校に入って自分でも力がついたと思いますが、自分の好きなデザインを明確にしておくと、入学後に他の人より一歩リードできるかもしれません。お気に入りの雑誌やポストカードをスクラップにしておいてもいいと思います。生活面だと、もっとバイトをしておけば良かったと思います(笑)。これはどの科にも言えると思うのですが、課題にはなにかとお金がかかるのです。大学受験をする友達よりはるかにヒマだったので、その時間をもっと有効活用できたのに、と思います。みなさんは悔いのないように!
マンガ科 在校生
私の場合、合格通知がきてから入学式まで時間がたくさんあったので、ずっと漫画や絵を描いていました。けれど絵を描くことはそれまでもずっとやってきたことだったし、特別に何かをしたわけではありません。よく絵の技術や知識を事前に学ぼうと思う人が多いようですが、そういったことは学校に入学してからたくさん学ぶ時間があるので、その時まで楽しみにとっておくのもいいかもしれません。多少の差はあれど、スタート地点はみんな一緒です。もしも時間があれば絵を描く、そのぐらいで良いと思います。
この学校にはどんな先生がいますか?
グラフィックデザイン科 在校生
この学校に入ってみて、とても印象的だったのは、先生達ですね! 高校や大学の時の先生達より個性的だし、なによりフレンドリー!! 自分のイメージですけど、高校の時の先生が全員美術の先生になった感じです。学校のイベントに多く参加してきたこともあり、色々な学科の先生と接してきましたが、正直、印象が悪い先生はいませんでした。科は違っていても、楽しく話してくれます。自分は2年生になってから、ある先生とよく話をするのですが、親身になって相談にのってくれたり、指導をしてくれて、とても信頼できます。学校に毎日出席することは「心の回覧板」、その先生は言っていましたが、まさにその通りだと思います。先生達と日々会って、話をすることで、より楽しく学校生活が過ごせると思います。
クラスはどういう雰囲気ですか?
インテリアデザイン科 在校生
私は留学生なので、学校に入る前はすごく心配でした。でも、本当に心配する必要はないと思います。出身地が違っても、みんな同じ目標を持っているので、いろいろな意見を交換したり、目標について話したりして、毎日学校生活を楽しんでいます。学期末には、たくさん課題があって、辛いときも時々ありました。でも、友達がいるので、課題について話したり、リラックスする為に映画を見に行ったりしています。課題はなかなか終わらないけど、それで元気になって、また頑張ろうとという気持ちになります。
ディスプレイデザイン科(空間ディスプレイデザイン科) 在校生
とにかく明るいです。そして、生活面でもデザインの面でも刺激がたくさんあります。やはり同じ目標を持った人が集まっているので、話をしていても楽しいし、ちょっと息詰まってしまっても励まし合っています。年齢の幅は広いけれど、それを感じることはありません。クラス編成が少人数制ということもあって、一人一人が活きているし、仲が良いのがとても良い所だと思います。よくみんなでご飯を食べに行ったり、時間があったらバレーボールをして遊んでいます。
他科の人とも友達になれますか?
ファッションアクセサリー科 在校生
原宿祭の実行委員では、いろんな科の人達と出会えて、とても仲良くなることができます。最初は学校にミーティングのため集まるのですが、気がつくとプライベートでも会っていました。原宿祭が終わると、50人以上の実行委員が集まって打ち上げをします。メチャクチャ楽しいです。それからは、学校が終わったあと遊びに行ったり、ご飯食べに行ったり・・・。みんな違う科で、まったく違う勉強をしているから、一緒にいるととても勉強になるし、今まで気にも止めなかったことに興味を持つようになり、とても良いです。
だから、みんなも実行委員になって、いっぱい友達をつくってください。
楽しい校内イベントには、どのようなものがありますか?
グラフィックデザイン科 在校生
原宿祭1年の始め頃に、フレッシュマン・レクリエーションというのがあるんですが、遠足気分でみんなと一緒に料理を作ったりして、仲良くなるきっかけの一つになりました。あとはやっぱ「原宿祭」ですね!自分は2年連続で実行委員をやったんですけど、ほかの学科の人とも交流ができて、友達も増えました。原宿祭が終わった後も、実行委員の仲間で遊びに行ったり、休み時間に話をしたりしています。一つのイベントをつくりあげることは大変ですが、実行委員になって積極的に参加すると、とても面白いと思います。一年の締めくくりとして、卒業制作展があります。卒業制作の展示を手伝ったりするんですけど、この学校での集大成となる作品を一杯見れるので、良い刺激になるし、見るだけでも楽しいです。
インテリアデザイン科 在校生
原宿祭だと思います。特に準備期間です。本当を言うと、大変だったけど、完成した後は良かったと思いました。大体一ヶ月の準備期間があって、図面のチェックとか、家具の位置とか、いろいろな事を決めなければならないのですが、みんなで一生懸命考えました。時間はかかったけど、全部決まった瞬間は、とても嬉しかったです。でも、模型作りに入ると、もっと厳しいことが待っていました。床と壁が合わないとか、窓の大きさが違ったとか、いろいろな失敗があったけど、みんなで力を合わせて、最後まで諦めずに頑張って、完成させました。その時は、本当に言葉では言えないくらい嬉しかったです。
海外研修では何をするのですか?
ビジュアルデザイン科 在校生
ヨーロッパ(フランス・イタリア・スペイン)の名所を周りました。
国内に居るだけでは感じられない海外の空気は、作品制作への大きな力になると思います。建築・広告・アート等、それぞれの国や都市によって趣が変わり、街並みを見ているだけでも勉強になりました。有名な美術館も多々ありますので、自由時間を使い、色々な場所を周るのも良いと思いますよ。
また、普段はあまり交流がない他学科の人と、友達になれました。
就職活動は大変ですか?どんなところが大変ですか?
イラストレーション科 在校生
私は大学を卒業後、この学校に入学しました。大学時代にも就職活動を行ったので思うことですが、専門学校は学んだことを活かした就職を目指すことができます。また、自分が力を入れてきたことを、作品を通じて企業側に見せることができるので、大学の時よりも自分の中の判断基準がはっきりして、就職活動がやりやすかったです。もちろん、作品づくりをきちんとやらないと、企業に見せられる作品数も少なくなるので、頑張らないといけないのですが・・・。就職活動については、学生サービスセンター就職窓口の先生が丁寧に指導してくださるので、安心して取り組めると思います。
お昼はいつも何を食べていますか?
ビジュアルデザイン科 在校生
1号館で授業の時は、竹下通りの入口にあるコンビニやマックに買いに行きます。天気の良い日は屋上で食べたりします。お弁当を持ってくる人もいます。2号館や3号館で授業の時は、学食かコンビニです。学食にはやさしいおばちゃんが対応してくれます。授業が早く終わると竹下通りまで食べに行ったりもします。学生の多い通りなので選択肢は豊富です。こんな感じで自由にやっています。
学校周辺で美味しいお店はありますか?
ファッションアクセサリー科 在校生
学校の場所が原宿ということで、美味しいお店はたくさんありますが、今回のイチオシは、1号館の近くにあるマサラハットというお店です。ネパール料理のお店なんですが、カレーとナンが絶品!カレーもたくさん種類があるんですけど、この前食べたベジタブルカレーは美味しかった....。いつもセットで食べるんですが、焼きたてのナンがまた美味しいんです!しかも嬉しいことに、カレーとナンと飲み物でお腹いっぱいな上に安い。本当にオススメです!!
寮生活は大変ですか?
ファッションアクセサリー科 在校生
入学してから2年近く寮生活をしています。最初は1年間だけ寮で生活して、学校に慣れたら一人暮らしをしようと考えていました。でも思いのほか、学校とアルバイトの両立だけで精一杯で、とても食事のことまでは手が回らないと思いました。一人暮らしだと食事が一番ネックになると思いますが、寮なら朝晩とバランスのとれた食事がとれるので、とても助かっています。またセキュリティもしっかりしているので、両親も安心しているようです。普通に一人暮らしをするよりも友人は増えるし、余裕を持って生活できるので、寮を選んで本当に良かったと思っています。
アルバイトはしていますか?アルバイトはどれくらいできますか?
アニメーション科 在校生
アルバイトはクラス全員といっていいぐらい皆やっています。私は生活費の足しにする程度の金額を稼ぐため、週3~4日働いています。職種は飲食店でバイトしている人が多いです。ちなみに私は居酒屋さんで元気に働いています。
この学校に入学して良かったと思うことは何ですか?
イラストレーション科 在校生
この学校に入学して良かったと思う事は、同じ趣味を持った友人を多く作れたことです。共通の話題がたくさんあり、みんな絵を描くことが好きなので、ラクガキしあったり、絵を交換したりすることで、とてもよい刺激になっていると思います。学校が原宿にあるので、授業が終わった後、遊んで帰ることも多くあります。私は高校を卒業してフリーターになり、一年後に入学をしたので、年齢が一つ下の友人が多い(年上の人もいます)のですが、クラスの仲は良く、誰でも溶け込める環境だと思います。
ページトップへ