1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学園生活
  3. 在校生に聞く

在学生に聞く

在校生から見た科の特長、勉強のこと、学校生活のこと、将来のことなど、各科の個性的な在校生たちの声をお届けします。

ビジュアルデザイン科

馬場 楓(Baba Kaede)神奈川県立霧が丘高等学校卒業

馬場 楓(Baba Kaede)
神奈川県立霧が丘高等学校卒業

ビジュアルデザイン科の特長は?
広告、WEB,映像、DTPなどのビジュアル全般を、3年間で学ぶ事の出来る学科です。専攻分けがないので、どの分野もきっちり身につけられる所が強みだと思います。学科の人数も少ないので、クラスの仲も良く、とにかく学校生活が楽しいです。
好きな授業科目は?
広告やパッケージなどを作る授業が好きです。消費者にどう表現したら伝わるのか、欲しいと思ってもらえるのか、という事を試行錯誤しながら形にしていく作業にやりがいを感じます。他の授業に関しても、見た人にはどう伝わっているか、という事がとても大切な事なので、今後スキルを磨いて、よりよい物が作れるよう努力していきたいと思います。
学園生活で楽しかったことは??
日々の授業も、もちろん楽しいですが、原宿祭や進級展も好きです。普段は見る機会がない他学科の作品が見れて勉強になります。特に進級展は、気合の入った先輩方の卒業制作を見る事が出来るので、自分自身、背すじが伸びますし、もっと頑張ろう!と、気合が入ります。
将来の目標は?
グラフィックデザイナーになって、人の心を打つ作品を作りたいです。まだスキルもセンスも足りないので、これからも努力していきたいと思います。

クリエイティブアート科

野上 渡(Wataru Nogami)星槎高校卒業

野上 渡(Wataru Nogami)
星槎高校卒業

クリエイティブアート科の特長は?
平面制作や造形など、数多くの分野を学べるオールラウンドな学科で、3年制なので長いスパンで入念に課題に取り組むことができます。また、他の学科に比べ生徒数が少なく、クラスメイト個々の流儀や個性を垣間見ることもできます。また、友人同士の協調性も高く、とても賑やかで楽しいクラスです。
好きな授業科目は?
立体造形の授業は、粘土模型をはじめ、石膏取りや彫刻、革細工など基本的な造形から初めて触れる素材での制作に挑戦できるので好きです。もともと立体的な作品を作るのが好きで、水粘土による手や頭蓋骨の基礎制作や、石粉粘土でのキャラクター制作は真剣に取り組めました。
学園生活で楽しかったことは?
幼い頃から絵を描いたり物を作るのが好きで、授業でそれができることがとても嬉しいです。また、授業内外や、原宿祭などの行事を通じて多くの経験を積んだり、友人や先生とのコミュニケーションを楽しむことで自分自身も成長できたことが何よりも嬉しいです。
将来の目標は?
このクリエイティブアート科で積んだ経験を活かし、多くの人の心を動かす作品を制作したいです。

グラフィックデザイン科

斎藤 陽亮(Yosuke Saito)千葉県商科大学商経学部経済科卒業

斎藤 陽亮(Yosuke Saito)
千葉県商科大学商経学部経済科卒業

グラフィックデザイン科の特長は?
基本ソフトを使ったデジタル作業、構図を考え、実際に絵を描くアナログ作業を行うので、デジタル・アナログ両方の分野のスキルを効率良く身につけることができます。
また、先生や先輩のサポートもあり、ソフトを使ったことのない初心者でも安心して学べる環境が整っています。
好きな授業科目は?
「デジタルフォト」というカメラを使った授業です。カメラの基本的な操作方法や構図のとり方を学び、実際に写真集やポスターの制作を行います。この授業で培った知識やあ技術は、他の授業でも活かされ、役に立っています。
学園生活で楽しかったことは?
スポーツ大会です。自分自身からだを動かすことが好きということもありますが、クラス一丸となって一緒に汗を流したのはとても楽しかったです。
将来の目標は?
グラフィックデザイナーになり、様々な人々に自分の作品を知ってもらうことです。一つ一つの課題に全力で取り組み、理想の自分に近づけるよう、日々努力していきます。

イラストレーション科

笠原 彩香(Ayaka Kasahara)埼玉県立深谷第一高等学校卒業

笠原 彩香(Ayaka Kasahara)
埼玉県立深谷第一高等学校卒業

イラストレーション科の特長は?
とにかくたくさん絵を描くというのが特徴です。基礎となるデッサンやアナログ画材を使ったイラスト制作で、基本となる力を身につけることができ、またIllustratorやPhotoshopを用いたデジタルイラスト制作の授業もあり、幅広く学ぶことができます。
好きな授業科目は?
「イラストベーシック」という主にアナログ画材を使ってリアルイラストやキャラクターイラストを制作する授業です。特にリアルイラストは写真そっくりになるよう細部までよく観察して描写するので根気が必要になりますが、回を重ねるごとに観察力や描写力が少しずつ上がっていくのを実感でき楽しいです。
学園生活で楽しかったことは?
毎日の授業です。絵を描くことが大好きなので、毎日授業で絵を描いたり、どうしたらもっと良い作品をつくれるか試行錯誤して過ごせることはとても楽しく感じます。
将来の目標は?
小さい頃からの夢であるイラストレーターになりたいです。日々の授業などに精一杯取り組み、夢に近づいていきたいと思っています。

マンガ科

竪 将吾(Syougo Tate)東海大学付属望洋高等学校卒業

竪 将吾(Syougo Tate)
東海大学付属望洋高等学校卒業

マンガ科の特長は?
基礎を始めとするマンガ家になる上で必要な技術知識を丁寧に納得いくまで先生方が指導してくださいます。カンガ家という変わった職種を目指す仲間たちだからこそ分かち合い、時には競い合うことができる人生の一部を充実させてくれる学科です。
好きな授業科目は?
マンガ制作です。他の授業で吸収したストーリーの組み立て方や、キャラクターの作り方、マンガを描く上で必要な知識や技術を全てぶつけ、作品を描く時間なので、一番楽しく感じます。
学園生活で楽しかったことは?
常に楽しいので一番を選ぶのは難しいですが、強いて言うならば、1年時の終了制作である16~24ページマンガ制作です。やはり作品を描いている時が一番幸せです。もう一つあげるとすれば、Ⅰ期のゴールデンウィーク課題であった百人描きを制作している時も様々なキャラクターをたくさん考え、描いたので楽しく思いました。
将来の目標は?
漫画家として週刊少年ジャンプで連載し、まずは一番の人気漫画家になることです!
その後は時間をかけてでも、日本一のマンガ「ONEPIECE」を超すことです!

アニメーション科

戸叶 恵利(Eri Tokano)県立土浦湖北高等学校卒業

戸叶 恵利(Eri Tokano)
県立土浦湖北高等学校卒業

アニメーション科の特長は?
animationはラテン語で霊魂を意味するanimeに由来しており、生命のない動かないものに命を与えて動かすことを意味するのですが、この語源通り実際にキャラクターを動かす作画をし撮影します。 背景の授業もあり、デジタルもアナログ両方学ぶことができます。その他にもテレビで見るアニメの全行程を一通り学ぶことができます。また、現役でアニメに携わっている先生に教わるので、よりアニメが好きになれます。
好きな授業科目は?
作画の授業です。やはり実際に自分で描いたものが動くというのは感動します。また、どう動かすかとか、いろんな表現を学ぶことはとても楽しいです。
学園生活で楽しかったことは?
クラスメイト達と原宿祭で缶バッチを作り売ったことです。また友達と一緒にお互い教えあったり、先生を交えてお話したり、デジ絵同好会で絵を描くのは楽しいです!また友達と一緒にしている授業とは別の動画づくりも楽しいです。
将来の目標は?
作画監督兼キャラクターデザインができるようになるのが最終目標です。そのために、まずはアニメ会社に就職し、動画マンになり、いろんなことを学びたいです。

インテリアデザイン科

久保田 敦生(Atsuki Kubota)埼玉県立川越西高等学校卒業

久保田 敦生(Atsuki Kubota)
埼玉県立川越西高等学校卒業

インテリアデザイン科の特長は?
インテリアデザイン科は、他の科と違って製図や模型の作成など手を動かす授業が多くあるところと、スポーツ大会では、決勝戦をインテリアデザイン科同士で行うなど、運動できる人が多く集まっている学科でもあります。 また、海外からの留学生が多いのも特徴で、色々な国の人と仲良くなれるので毎日楽しいです。
好きな授業科目は?
3期から始まった授業で「住宅演習」という授業が好きです。まずどんな人が住んでいるのかを決めて、そこからどんな部屋が必要か、どんな内装にするかなど、一から決めていくのがとても面白い授業です。
学園生活で楽しかったことは?
私のクラスは本当に仲が良いので、毎日の授業や休み時間、皆でお昼を食べている時などが楽しいです。他には、自分が考えて一から作った作品が完成した時に達成感もあり、一番楽しかったなと思います。
将来の目標は?
二級建築士の取得を目指し、色々な仕事に携わりたいなと考えています。最終的には独立して、自分の名前を一つのブランドにできればいいなと思っています。

空間ディスプレイデザイン科

桑原 理乃(Rino Kuwahara)宮崎県立宮崎南高等学校卒業

桑原 理乃(Rino Kuwahara)
宮崎県立宮崎南高等学校卒業

空間ディスプレイ科の特長は?
ショップ、展示会、ステージなど、色々な空間のデザイン、企画、演出などを学べる学科です。少人数なので、先生方との距離も近く、わいわいと授業を受けています。先生方からのアルバイトの紹介なども多く、プロの現場を間近で見られるので、とても勉強になり楽しいです。
好きな授業科目は?
「ショップデザイン」です。実際にはない店を何処につくるかから考え、自分の店の見せ場などをデザインする授業です。ボードにまとめることは大変ですが、自分の好きなことを店にでき、課題も自分の自由な発想で制作できるので、すごく楽しく授業を受けています。!
学園生活で楽しかったことは?
毎日が楽しいです。課題が大変だったりはしますが、先生方との距離が近いので、質問はしやすいですし、友達の作品の製作過程が見られるのでとても楽しいです。世の中すべてのものが、たくさんのことを考えた上でのデザインなのだと考えると、ショッピングも何もかも見る目が変わって楽しくなりました。
将来の目標は?
ショップの企画などが今一番楽しいので、ショップに関わりたいとは思っていますが、しっかり自分に合ったことが仕事にできるように広い視野をもって物事に取り組んでいきたいです。

ファッションアクセサリー科

津野 あづさ(Azusa Tsuno)都立忍岡高等学校卒業

津野 あづさ(Azusa Tsuno)
都立忍岡高等学校卒業

ファッションアクセサリー科の特長は?
シルバーや石などを使ったアクセサリー、ジュエリーをはじめ、様々な素材を使った雑貨やそれらをデザインするのに必要な製図など、ものづくりを基礎から学べるのが特徴です。また、デザインを自分で考えられる授業も多いので、オリジナルの唯一無二の作品を作れるのが魅力です。
好きな授業科目は?
私が好きな授業は「ワックス」と「メタル」の授業です。この授業は、主にシルバーを使ったリングやネックレス等のアクセサリーやジュエリー制作を教えていただいています。デザインを形にするということは難しく大変ですが、作っていく工程一つ一つが楽しく、完成した時はとても嬉しく思います。
学園生活で楽しかったことは?
日々の学園生活が楽しいです。デザインしたり作ったりするのが好きなので、授業もとても楽しいですし、クラスメイトや先生も優しく面白い方々ばかりなので、本当に毎日が楽しいです。スポーツ大会や原宿祭などの大きな行事もあるので、充実した学園生活を過ごしています。
将来の目標は?
私はものづくりが好きなので、将来はジュエリーアクセサリーの制作の仕事に就きたいと思っています。その為にも日々の授業は勿論、放課後や空いた時間を利用して自主制作等をして、努力し目標に近づけたらなと思います。
ページトップへ