1. 東京デザイン専門学校トップ
  2. 学科案内
  3. マンガ科
  4. 教員紹介

教員紹介(マンガ科)

マンガ科 科長 小林 まどか

マンガ科 科長
小林 まどか(たかみね駆<カケル>)Madoka Kobayashi

担当科目
デジタルワーク(1年)/コミックイラスト/情報コミック(2年コミックイラスト専攻)
プロフィール主な作品・活動・仕事など
大学在学時より4コマ雑誌等で作品を発表。卒業後は((株)バンプレストで版権キャラクターの商品企画にたずさわりながら連載を続けるという二足のわらじ生活。
退社し、フリーになってからはストーリー漫画やゲームのキャラクターデザインなど、活動範囲を広げてきた。自分が面白いと思ったことをいかに他の人に面白いと思ってもらうか、日々頭をヒネリつつ新たな「面白いモノ」をきょろきょろと探しています。
代表作
東京中日スポーツ「竜党あっぱれ計画」/NHK出版「プリンセスナイン」(BSアニメ劇場で放映されたアニメのコミカライズ)/朝日小学生新聞連載小説「竜巻少女~トルネードガール」(風野 潮著)挿絵/(株)スパイク DSゲーム「プリンセスバレリーナ」キャラクターデザイン
マンガ科 学級担任 岡 優

マンガ科 学級担任
高木 裕里Yuri Takagiマンガ家

担当科目
ストーリー基礎演習/他
プロフィール主な作品・活動・仕事など
10代の時に講談社少女マンガ誌でデビュー。現在もプロで活躍中。
ストーリーの作り方基礎、マンガ家デビューに必要なストーリースキル、ストーリー構成を中心に担当している。
代表作
「孤独の群衆」「稲葉朋子の前世案内」等、大人のロマンス、子供向けホラー、BL、エッセイマンガ、ペットマンガと多ジャンルで執筆中。 ロシア・モスクワで日本文化やマンガを拡める文化事業にも関わっている。
東京デザイン専門学校マンガ科について
初心者でも基礎からじっくり学ぶことの出来るカリキュラムになっています。レベルアップやプロマンガ家を目指す人にも必要なスキルが学べます。どのカリキュラムも講師全員が手厚いサポート出来ることが自慢の学科です。 一人一人わかりやすく、学びやすい環境を作るように心がけています。
入学を考えている方へのメッセージ
プロを目指す人にはプロとして残っていくスキルが必要です。基礎、応用、将来を見据えての指導を心がけています。 マンガを描くことが好き!という人には沢山のジャンルの勉強が出来、マンガを描くスキルアップを目指せます。楽しくマンガを描きましょう!
マンガ科 学級担任 岡 優

マンガ科
岡 優Masaru Okaマンガ家・イラストレーター

担当科目
デジタルワーク/マンガテクニック/他
プロフィール主な作品・活動・仕事など
大学在学中に望月三起也氏に師事。卒業後、玩具メーカー「バンダイ」で新商品の企画・開発、デザインに従事。1988年に漫画家・イラストレーターとして独立。
現在は朝日小学生新聞、日刊ゲンダイなど子供向けからビジネスものまで、幅広く活躍中。また、コマツNXTクラブ、Wakeyクラブなどにマンガ連載中で、その他多数のカット・イラストも手がけている。
東京デザイン専門学校マンガ科について
名前だけの広告塔が多い中、教員陣はみな現役で活躍(しかも多方面)している人達ばかりなので、自慢できる所だと思います。
入学を考えている方へのメッセージ
評論家ではなく、「本当に自分で漫画を描きたいと思っている人」、「ヘタでも構いません。素直な心で技術を学びたいと思っている人」、厳しく、楽しく、一緒に勉強しましょう。
マンガ科 杉山 和美

マンガ科
杉山 和美Kazumi Sugiyama

担当科目
コミックイラスト/キャラクター制作/テクニック
プロフィール主な作品・活動・仕事など
専門学校卒業後、漫画アシスタントを経て、明るく、楽しく可愛くを絵のモットーに、子供向け中心の漫画やイラストを執筆しています。
学生とともに、何事にも前向きに挑戦し続けていきたいと思います。
代表作
ファミ通DS・Wii「ピーチの大冒険!?」「きゃっとげーまーヌコ」(エンターブレイン)などをはじめギャグ漫画や学習漫画、ペット漫画などでも多数執筆。

こちらの学科もおすすめ

関連ページはこちら

ページトップへ